妊活で効果があると感じたこと

妊活で効果があると感じたことについて紹介します。
人によって効果や感じ方は違うと思いますが、私にとって最も効果があると感じたのは、下記4つです。

お腹を冷やさない

当たり前だよとか、そんなことで?!と思う方もいるかと思いますが、お腹が冷えていると妊娠しにくいと聞き、お腹を冷やさないように気を付けました。
常に、常温か暖かい飲み物を飲むようにし、氷入りの飲み物を控えていました。
また、腹巻パンツを常用し、お腹を冷やさないようにしていました。
ただ、子宮を温めすぎてもいけないらしいです。
私は生理の時にホッカイロをお腹に貼っていたのですがそれは良くないと病院の先生に怒られてしまいました。
直接温めず、冷やさないようにすることが良いらしいです。
私は於血という血の滞りがお腹にあったのですが、お腹を冷やさないようにすることで少しずつ改善されていきました。

ストレスを溜めない

不妊治療において、「ストレスを溜めないことが一番大事だと私は思っています。
不妊治療が上手くいかなくて、焦ったり、自分を責めたりしてしまいがちですが、
それが一番良く無いと気づくのに私は時間がかかりました。
解決できない悩みがあるときは、不妊外来での看護師相談を利用して、話を聞いてもらうこともありましたし、カウンセリング機関を利用して話を聞いてもらうこともしました。

鍼灸で体質改善

体調改善のために、4つくらい鍼灸院に通いました。
はじめは良く分からず、安い鍼灸院に行ったり、逆に都心にある高くて綺麗なところに行ったりしていました。
私が良かったなと思う鍼灸院の特徴は、下記3つです。
1東洋医学に基づいて施術している、2先生が勉強熱心、3無理な勧誘をしてこない
また、鍼灸院以外でも、毎日自分でお灸を行いました。
鍼灸を続けることで、身体の血の巡りが良くなり、血行が良くなりました。
また心身ともにリフレッシュすることができました。

漢方で体質改善

不妊に効くと聞いた、漢方をほとんど試しました。
  温経湯、加味逍遥散、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、芍薬甘草湯、八味地黄丸・・・等々
漢方は、自分に合ったものだと美味しく感じるそうです。
私は美味しくて飲むのが苦ではなかったです。
漢方薬局や漢方外来で自分に合ったものを処方していただくのがおすすめです。
漢方については、ブログに詳細を記載しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
もし参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
最新情報をチェックしよう!