【妊活・不妊治療】不妊治療に掛かる費用は?実際に掛かった費用を大公開!!

不妊治療はお金が掛かると聞くけれど、実際にどのくらい掛かるのか気になりますよね。
私が実際に体外受精まで行ってどのくらいお金が掛かったのか紹介したいと思います。
これから不妊治療を検討している方にお役に立つことが出来れば嬉しいです。

不妊治療に掛かる費用

病院によって、値段設定は異なると思うので、費用はあくまで目安として考えてください。
不妊に関する血液検査の項目は、保険適用外ですので、1万円~5万円ほど、検査に掛かりました。

人工授精は、薬を含めて1回3万円弱でした。
体外受精は、採卵までが50万円、移植に約10万円ど掛かりました。

  大学病院の不妊外来

不妊専門
クリニック①

不妊専門
クリニック②
初診料 3,000円 3,300円 3,000円
再診料

250 円
※保険適用日
1,100円
※保険適用外日

1,100円 400円
超音波検査 1,500円
※保険適用日
2,200円
※保険適用外日
2,200円 1,600円
血液検査

感染症、風疹抗体、ホルモン値、卵巣年齢検査(AMH):
50,754円

免疫学的検査(Th1/Th2細胞、ビタミンD、Th17/Treg細胞):34,100円
感染症、風疹抗体、血液型等の検査:23,540円
感染症、風疹抗体の検査:12,977円
卵巣年齢検査(AMH):4,400円
子宮鏡

4,560円

2,900円
子宮内膜組織検査

19,800円
人工授精

22,000円/回×回数分

 
体外受精(採卵まで)
※点鼻薬、自己注射等含む

521,051円

426,000円 447,865円
体外受精(移植)

84,206円

123,244円

婦人体温計 テルモ TERUMO ET-W525ZZ 生理日・排卵日おしらせ 妊活 ウーマンドシー

まとめ

前章で述べたお通り、不妊治療は、下記金額の回数分掛かります。

人工授精は、薬を含めて1回3万円弱
体外受精は、採卵までが50万円、移植に約10万円

私は、現時点で、人工授精5回、体外受精(採卵3回、移植2回)で、総額200万円以上は掛かっていると思います。とてつもなく痛い出費です。不妊治療はお金や体にも負担があるので、夫婦で良く話し合って進めるのが良いかと思います。

国や地方自治体の制度で、助成金の申請もできますので、ホームページで確認してみてください。

また、最近は会社の制度で助成金が出る企業もありますので、確認してみてると良いかと思います。なるべくコストを抑えて不妊治療に取り組みたいですよね。

これから不妊治療を考えている方に、少しでも役に立つ情報が発信できれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!